症例報告 肉離れの酸素カプセル利用

2017年07月08日

症例報告です。

今回の患者様はスポーツをしていて、ふくらはぎを肉離れされた方。出来るだけ早く治すため、酸素カプセルを併用しています。

よく聞く、肉離れですが、筋肉が伸ばされすぎて、切れてしまう状態です。症状によって、Ⅰ度、II度、III度と分けられます。

きちんと治さないと、将来古傷が痛んだら、同じ所をケガをする危険性があります。

今回の方は、かなり痛みも強く、軽度の陥凹(凹み)もあったので、I度とII度の間だと思います。

最初は痛みで上手く歩けず、タクシーでの移動。何をするのにも痛そうでした。

酸素カプセルに乗って頂き、4回ほどでだいぶ痛みも落ち着き、歩けるようになってきました。内出血は残っていても、触った時の痛みもだいぶ治っていました。予想以上の回復力に正直驚かされました。

スポーツでのケガや外傷には、RICE処置が基本になります。
当院では、そういった通常の治療にプラスして、酸素カプセルや超音波,EMSなどを使い、その方に合わせ最善の治療をご提案し、出来るだけ早く的確に治すお手伝いをさせて頂きます。
また、テーピングの資格も持っているため、ケガやスポーツケアでお困りの方がいましたら、是非ご相談ください。