症例報告 圧迫骨折

2017年09月04日

こんにちは、kiki整骨院の小松です。

今回は「圧迫骨折」について、書かせて頂きます。

「圧迫骨折」とは背骨が圧迫され、潰されてしまう骨折のことです。骨粗鬆症などで骨が弱くなっている方に起こりやすいです。

整骨院では潰された骨を元に戻すことは出来ませんが、周りの筋肉の緩めたり、他の関節の動きで補う事により、痛みを軽減する事が出来ます。

一番良くないのは、症状が落ち着いた後もベッドに寝たきりになってしまう事です。どんどん骨も筋肉も弱くなり、余計に動かなくなってしまいます。

 

今回の患者様は数ヶ月前に圧迫骨折を起こし、身体の向きを変えたり、起き上がる時に痛みがある患者様です。

腰回りの筋肉を緩めると供に、固まっていた関節を動かすように施術しました。

ご本人にも頑張って歩いていただきました。こちらがどんなに良い治療をしても、寝たきりでは症状が改善されません!!

 

週に2回のペースで施術させて頂き、3ヶ月ほどでベッドから起き上がる時の痛みもほとんど無くなりました。

施術だけでなく、ご本人がしっかり動いて頂いたので、この結果が出たのだと思います。

波はあるので、これから痛みが出る事もあると思いますが、上手にコントロールしていければと思います。

 

 

痛みがあっても、諦めずに治療していく事が大切だと考えています。歳のせいや、骨が曲がっているからや長年の事だからしょうがないにしないで、あなたのお身体を治すお手伝いをさせて頂ければと思います。

 

kiki整骨院にご相談ください。